2人目ベビ待ち主婦エイミの、AFC葉酸サプリ口コミレビュー

葉酸サプリの効果ってどんなもの?

 

葉酸サプリの効果ってどんなもの?
ベビ待ち中だけど、飲んだ方がいいの?


 

 

妊娠前後に葉酸を十分に取ると、胎児が神経管閉鎖障害やその他の障害を持って生まれてくるリスクを減らすことができます。


 

葉酸には、細胞を形成する働きがあります。
脳や神経ができる時期に、十分葉酸を取っておくと、障害のリスクを下げることができます。
胎児の成長のためには、妊娠初期には普段よりもたくさんの葉酸が必要となります。

 

外国ではパンに葉酸が添加されている
この葉酸の効果については、世界中のたくさんの国で研究がされており、効果はすでに実証されています。
外国では、主食のパンやパスタに葉酸を入れることで、強制的に摂らせて障害リスクを下げている国もあります。
日本においても、厚生労働省が「妊娠前から妊娠初期にサプリで一日400μgの葉酸を摂取すること」を推奨しています。

 

 

参考:厚生労働省「葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果」

 

 

葉酸は、ビタミンB群に入る水溶性ビタミンの一種です。
ホウレン草や緑茶などにも含まれていることが知られています。

 

 

じゃあ、ほうれん草をたくさん食べればいいんじゃないの?


葉酸の多い食材:ほうれん草
それでも厚生労働省は、葉酸サプリによる適量の葉酸の摂取を推奨してます。
それは、食品に含まれている天然由来の葉酸は、熱に弱いという特性があるからです。

 

壊れやすい葉酸
加熱すると壊れてしまう葉酸は、食品を調理する段階で失われることが多くなります。
さらに、葉酸は水に溶けやすい性質も持っていて、水で流れてしまう分も多くなります。
保存にも弱くて、保存中に壊れてしまう分も多いんです。

 

 

体内への吸収率も、あまりよくありません。
食べ物に入っている葉酸は、サプリに入っている葉酸(モノグルタミン酸型)と同じ形まで分解されてから吸収されます。
が、分解が中途半端になることが多く、ちゃんと分解されなかった分は吸収されません。
取った葉酸の50%は体外に排出されてしまいます。
吸収されにくい天然葉酸

 

このため、厚生労働省が推奨する400μgの葉酸を、食べ物から摂取することは難しくなっています。

 

モノグルタミン酸型葉酸
その点、葉酸サプリであれば適量の葉酸を手軽に摂取することができます。
葉酸サプリに配合されている葉酸は「モノグルタミン酸型」。
最初から吸収しやすい形に分解してある、体内吸収率が良い葉酸なのです。

 

 

それに葉酸サプリは葉酸だけではなく、妊婦や胎児にとってよいとされる他の成分を、同時に摂取することができるというメリットもあります。
妊娠中期以降は、葉酸の造血作用が、貧血などの予防に役立ちます。
鉄やカルシウムも入っているとなおいいですね。

 

過剰摂取のリスク
妊娠前後には必須と言ってもいい葉酸は、適量を摂取していれば副作用はほとんど考えなくてもかまいません。
ただし、過剰摂取をすれば副作用のでるリスクが大幅に増えてきます。
過剰というのは、1日に1000μgを超える量の葉酸ですね。
よくネットで言われる、子供が喘息になるというのは、過剰摂取を毎日続けた場合の話です。

 

 

販売されている葉酸サプリの用量は、1日およそ400μg。
厚生労働省が推奨しているのと同じ量です。
用量を守って摂取していれば、過剰摂取にはなりません。

 

 

 

  • 赤ちゃんの障害のリスクを下げるため
  • 貧血などを予防して元気に出産を迎えるため

葉酸サプリを取っておきましょう。


 

 

⇒AFC葉酸サプリを公式サイトで見てみる

2000円以下で栄養価の高い格安葉酸サプリランキング

2000円以下で栄養バッチリ!安い葉酸サプリランキング