葉酸の多い食材|2人目ベビ待ち主婦エイミの、AFC葉酸サプリ口コミレビュー

葉酸の多い食材

 

妊活中や妊娠中、葉酸は、食べ物でも取った方がいいんだよね?
どういうものを食べればいいかなあ?


 

葉酸は、食事から240μgサプリで400μg取ることが推奨されています。
ここでは、食事から取るのにお役立ちの、葉酸の多い食材をご紹介しますね。


 

【アスパラガス】

葉酸が多い食材:アスパラガス

茹でたアスパラガスには葉酸が180ug含まれています。
特にアスパラギン酸は、疲労回復や利尿作用による腎臓や肝臓の機能回復などの効果があります。

 

【サニーレタス】

葉酸が多い食材:サニーレタス

サニーレタス100gに120ugの葉酸が含まれています。
レタスよりも栄養価高く、特にβ-カロチンは10倍以上も多く含まれています。

 

【ほうれん草】

葉酸が多い食材:ほうれん草

茹でたほうれん草100gには葉酸が110ug含まれています。
総合栄養野菜と言われるぐらい沢山の栄養素が入っています。
特に牛レバーに匹敵するぐらいの鉄分が入っているのも嬉しい食材です。

 

【納豆】

葉酸が多い食材:納豆

納豆100gには120ugの葉酸が含まれています。
必須アミノ酸群がバランス良く含まれています。
ガン抑制効果や血液サラサラ効果も期待できる食材です。

 

【春菊】

葉酸が多い食材:春菊

茹でた春菊100gには100ugの葉酸が含まれています。
沢山の栄養素を持つ野菜ですが特にβ−カロチンは、ほうれんそうを上回る程に含まれています。

 

【にんにくの芽】

茹でたにんにくの芽100gには120ugの葉酸が含まれています。
にんにくと同じ栄養素が含まれています。
さらに、β-カロテン・ビタミンCも豊富に含まれています。

 

【いちご】

葉酸が多い食材:いちご

100gあたり葉酸が90ug含まれています。
特にビタンミンCが豊富でイチゴ100gでレモンを上回る程の量が含まれています。

 

【ブロッコリー】

葉酸が多い食材:ブロッコリー

茹でたブロッコリー100gには葉酸が120ug含まれています。
沢山の栄養素を含む優秀な食材ですが特にビタミンCはグラムあたりでレモンを上回る量が含まれています。

 

【小松菜】

葉酸が多い食材:小松菜

茹でた小松菜100gには86ugの葉酸が含まれています。
ほうれん草以上の鉄分を含み、牛乳並みのカルシウムを含んでいます。

 

【枝豆】

葉酸が多い食材:枝豆

茹でた枝豆には葉酸が260ug含まれています。
畑の肉と呼ばれる大豆の未熟豆だけあって沢山の栄養素が含まれています。

 

 

注意

【レバー】
葉酸が多い食材:レバー

 

レバーには沢山の葉酸が含まれています。
牛レバー100g…1000ug
豚レバー100g…810ug
鶏レバー100g…1300ug

 

しかし、レバーにはビタミンAがとても多く含まれています。
牛レバー100g…1100ug
豚レバー100g…13000ug
鶏レバー100g…14000ug

 

妊婦さんが一日にビタミンAを7800ug以上摂取すると、胎児に奇形を起こす可能性が高いと言われています。
このため、葉酸が多くても、レバーはオススメ出来ません。

 

 

食事から240μgの葉酸を摂るのに加えて、サプリで400μg葉酸を取ることが推奨されています。
食事もいろいろ気を付けつつ、葉酸サプリも忘れずに飲んでくださいね。


2000円以下で栄養価の高い格安葉酸サプリランキング

2000円以下で栄養バッチリ!安い葉酸サプリランキング